DESSART CLUB

手業のみで語り合う天才を描いた漫画「地の底の天上」に魅き込まれる

漫画 2014年12月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

takeyoshi_minoru_chino_sokono_tenjou_1

引用元:作品詳細『辺獄のシュヴェスタ』 | ビッグコミックスピリッツ公式サイト -スピネット-

規格外の新星と言わしめた竹良実さんの漫画「地の底の天上」が全62ページ公開中です。
第265回スピリッツ賞(最高賞)受賞作であり、「編集部中を沸かせた衝撃作」とのお墨付きの作品です。

どんな漫画なの?

作品の舞台は中世ヨーロッパ。
エングレーヴィングと言う銅版画の技法の一つを中心に手業のみで語り合う天才職人2人を描いています。

ビュランと呼ばれる彫刻刀を用い、主人公のジノはエングレーヴィングで紙幣の贋作制作を生業としている。
もう1人の登場人物のイェルマはエングレーヴィングで紙幣の真作を制作している。

ある日、イェルマのもとに真作を超えたジノの贋作が送られてくることから、2人は互いに技術を競い合いその手業のみで語り合う日が始まる。
技術に魅せられた職人同士が手業のみで会話を交わし合うことは様々な業界に存在しているであろう。

時代を超えた普遍的な感動を味わうことができる作品となっています。

竹良実さんの初連載が開始

竹良実さんの初連載作品である「辺獄のシュヴェスタ」が12月27日発売される2月号の月刊!スピリッツにて始まることが決定しました。
こちらも第1話の途中まで試し読みができますので併せて読んでみてはいかかでしょうか。

この記事につけられたタグ

WEB漫画 竹良実
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

comment