DESSART CLUB

一体なぜ?「吉野家 ✕ ストリートダンス」異色コラボが想像以上に世界向けだった

カルチャー 2015年1月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉野家 ✕ ストリートダンス

引用元:吉野家 × ストリートダンス – 特設WEB

2015年1月6日(火)吉野家の近未来型店舗をコンセプトにした動画が、吉野家公式サイト内の特設WEBとYouTubeで公開されました。動画は、2014年4月公開の第1弾に続いて、第2弾も株式会社アノマリーカリスマカンタローさんによるものです。

「吉野家」と「ストリートダンス」の取り組みは、2013年12月以降、日本最大級のストリートダンスバトルイベント「DANCE@LIVE(ダンスアライブ)」予選各地で優勝者への牛丼無料券の提供、全国200ヶ所のダンススタジオでのクーポン配布、第1弾のPR動画公開に続いて徐々に活動幅を拡げています。

今後の予定として、25日(土)と26日(日)の2日間、両国国技館で開催される「DANCE@LIVE 2015」では、吉野家とストリートダンスのイベントを開催予定です。

コンセプトは「踊るほど、うまくなる。」

第2弾企画として公開された動画は全部で4本です。2人のダンサーによるパフォーマンス動画は、それぞれの「30秒 Ver.」と「15秒 Ver.」が2本ずつ公開されています。

コンセプトの「踊るほど、うまくなる。」については、ダンスを踊ることによって吉野家が「美味く」なるという意味と、ダンスが「上手く」なるという2つの意味があると考えることができます。

引用元:吉野家 × ストリートダンス – 特設WEB

参考WEB:2014年4月公開、第1弾「吉野家×ストリートダンス」 – YouTube

動画では、若年層にとって身近な存在で、日常によりそう「吉野家」の姿と、CG が施された映像によって近未来の店舗の姿が表現されています。三味線の音色と、ダンスミュージックの融合がこれまでの「吉野家」とはひと味違った印象になります。

動画を制作した「カリスマカンタロー」とは

今回の動画制作を手がけた、ダンス界で活躍するプロデューサーであり現役のダンサーです。大学在学中に現在の株式会社アノマリー(当時有限会社アノマリー)を設立し、ダンスシーンを活性化させるべく各種イベントやプロモーションを行っています。中でも自身がプロデュースするイベントの主軸である「DANCE@LIVE」は、2012年以降オーストラリアを含む9カ国で開催しており、アジア最大級のダンスイベントに成長を遂げました。「言葉の要らない最高のコミュニケーション」であるダンスを武器に、現在も日本だけでなく世界を舞台に活動しています。

カリスマカンタロー

引用元:ダンサーズプロフィール Charismakantaro – DANCE@ALIVE 公式WEB

第2弾動画出演者

今回公開された動画で起用されたダンサーは、ナカダヒロユキ(FISHBOY)さん、Yumeki(Bad Queen)さんの2名です。

ナカダヒロユキ(FISHBOY)

日本人ダンサーとして初めてアディダスとスポンサー契約を結ぶなど、第一線で活躍するストリートダンサーです。ダンススタイルは「POPIN」で、2009年「JUSTE DEBOUT」世界大会で優勝するなどの実力派です。
明るく親しみやすいキャラクターと、キレのあるダンスのギャップでファンを魅了しています。オリエンタルラジオのあっちゃんの実弟でもあり、メディアでの活動も多岐にわたります。

ナカダヒロユキ(FISHBOY)

引用元:吉野家 × ストリートダンス – 特設WEB

ナカダヒロユキ(FISHBOY) – Twitter公式アカウント

Yumeki(Bad Queen)

シンガポール、台湾、韓国、香港など海外において絶大な人気を誇るカリスマダンサーです。
ダンススタイルは「WAACK」で、2013年の世界大会と「DANCE@LIVE」を2度制覇している王者で、現在はムラサキスポーツとアスリート契約を結び、数多くのダンスイベントで活躍しています。

Yumeki(Bad Queen)

引用元:吉野家 × ストリートダンス – 特設WEB

Yumeki(Bad Queen)- Twitter公式アカウント

一体なぜ?「食」と「ダンス」の異色コラボに相通ずるものとは

吉野家とストリートダンスに通じる「オリジナル」

一見、共通点がないように見える「吉野家」と「ストリートダンス」ですが、両者共に、「オリジナリティ」を徹底的に追求する精神が共通しています。「食」ではお客様へのサービスの「質」=「満足感」に、「ダンス」ではパフォーマーの強烈な「個性」に垣間見ることができます。これは徹底的に洗練されたものだけが得ることができるものとされています。

吉野家が見据える未来へのストーリー

公開された動画では、夢に向かってがんばる、若きダンサーにとって「吉野家」の存在が身近にあることを表現し、ダンサーの活躍次第で店舗内ポスターや動画CMで主演ができるという、ストリートダンスとのコラボレーションを通じた夢のあるストーリーを描いています。

長年幅広い層の方に愛される吉野家は、コンセプトに「うまい、はやい、やすい」を掲げている通り、お料理が出てくるまでに時間がかからないので、1人で食事をさっと済ませる方が多く、会計は「後払い」が特徴です。これは、1899年の創業以来、築地で築き上げられてきた「オリジナル」の歴史、あるいは日本文化といっても過言ではないはずです。

参考WEB:吉野家 × ストリートダンス – 特設WEB

まとめ

株式会社吉野家ホールディングス会長の安部修仁氏は、アルバイトからの叩き上げで社長となり、「ミスター牛丼」と呼ばれ親しまれていることで有名です。そういった経緯からも今回のコラボは「若者の身近に寄り添う」という理念を感じることができます。

また、この異色コラボによって2つの作用が期待できます。1つ目は「吉野家」という大衆文化を通じて、国内で勢いがあるストリートカルチャー「ダンス」にふれる機会が増えること。2つ目は世界の共通文化である「ダンス」を通じて、国民的な日本の食文化「吉野家」を世界にプロモーションできること。

国境を越える舞台でパフォーマンスする国内最強のダンサー達と海外進出30年以上の日本の食文化を支える吉野家の相乗効果によって、これから世界に発信されていく新しいカルチャーに期待が高まる話題です。
次回の「DANCE@LIVE 2015」を見事勝ち抜いて、「吉野家」のポスターを飾ってくれるのはどのダンサーになるのでしょうか?引き続き注目です。

参考WEB:さようなら、”ミスター牛丼”と呼ばれた男 – 東洋経済オンライン

この記事につけられたタグ

DANCE@LIVE カリスマカンタロー 吉野家
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連する記事は見当たりません。

comment