DESSART CLUB

一夜限りの無音フェス、騒音対策に◎?渋谷の森の図書室が夜クラブになるぞ〜!

イベント 2015年3月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加
森の図書室  無音フェス開催

引用元:【4/4(土)】夜の図書室がクラブに!無音フェス×クラフトビール~クワイエットクラブにようこそ~ – Peatix

東京ビアアウィーク実行委員会は、4月4日(土)森の図書室(渋谷区)にて世界中で話題のクラブイべント、無音フェスを開催!

第2回を迎えるイベント、東京ビアウィーク2015の企画イベントのひとつとしての開催です。東京ビアウィーク2015は、4月3日(金)~ 4月12日(日)、期間中東京および近郊都市のビアバー、カフェなどを含む参加店舗・施設で同時開催されます。

森の図書室でのイベントチケットは、特設WEBより申し込みが出来ます。

よりによってなぜ、森の図書室なんだ

森の図書室 館内

引用元:森の図書室 – 公式WEB

静かにしないといけない場所ってどこだろう?ということで会場をあえて図書室を選定。そこでお酒が飲めて本が読める、という話題の渋谷の私設図書室、夜の「森の図書室」が無音フェス会場に!

当日は静かにしなくても大丈夫とのことなので、非日常感を楽しめそう!

無音フェスとは

会場に集った人たちが、ワイヤレスヘッドフォンを各々装着して、静かなフロアでヘッドフォンから流れる音楽を楽しみます。無線で配信している為、フロアは音楽が流れない状態になることから、無音フェス/サイレントディスコ と呼ばれています。

もともとは海外の環境活動家によって広められたもので、騒音対策としても非常に有効とされています。

ヘッドフォンを装着すると、外の音をシャットダウンして音楽に集中できるます。また、音楽に休みたいときはヘッドフォンを外して静かに休憩出来るので意外に快適かも!?

新感覚すぎる……無音フロア→お客さん「フ〜ウ♪」

使用するのはワイヤレスヘッドフォン

AZDEN製 ヘッドフォン画像

引用元:AZDEN 公式WEB

PCやTVなどの音源に小型送信機を接続し、ワイヤレスで音楽を聴くことかできます。無音フェスは2013年以降、国内でも徐々に開催されるように。

将来的には、国内ビールを海外へ「東京ビアウィーク」とは

東京ビアウィーク2015

引用元:東京ビアウィーク2015 公式WEB

メルボルンやサンフランシスコなど、世界の都市で開催されている非常に人気の高いビールのイベントです。

ビールの魅力を再発見する為に、様々な場所で企画イベントが開催されます。

参加希望する店舗や団体の出展者がクラフトビールに因んだアイディアで企画・開催できます。参加方法は、公式WEBより登録。出展料は無料です。

第1回開催となった2014年では、70以上のイベントにのべ約5,000人が参加。今後は、美食の街・東京から、ビール文化を世界に向けて発信することを目指しています。

ダンス規制は緩和、騒音対策に無音フェスは有効か

無音フェス

引用元:【4/4(土)】夜の図書室がクラブに!無音フェス×クラフトビール~クワイエットクラブにようこそ~ – Peatix

ここ数年、国内でも問題視されているクラブ事情は騒音とダンス。

ダンス規制に関しては、3月3日(火)規制を緩める改正風俗営業法案が閣議決定することが報じられました。ついに、ダンス教室やダンスホールが法律の対象外に!(参考:朝日新聞

こういった規制は1948年に風紀を正すという目的で制定された風営法に基づくもの。「あくまで騒音トラブルなどを防ぐための抑止力」なのだそう。取り締まりが目立って来たことで、国内の音楽文化の発展の妨げになってしまうのでは、という苦言の声も少なくありませんでした。

ダンスが規制緩和になる一方、ノイズに敏感なNYでは騒音問題は深刻化しており、今回の無音フェスは、楽しむ方・問題視している方双方にとってポジティブな取り組み。テクノロジーの進化とインフラの向上によって実現可能となったものです。

無音フェスのように、時代が進んだことではじめてルールをクリア出来るもの、さらにはそれによって新しいクラブスタイルが提案されることも充分に期待できます。

国内ではどのような影響があるのか注目が集まります。

イベント開催概要

【日時】4月4日(土)23:00〜5:00
【会場】森の図書室
【住所】東京都渋谷区円山町5-3 萩原ビル3F
【会費】早割り ¥3,000/前売り ¥3,500/当日 ¥4,000
※早割は3月14日(土)までの限定70枚。
※当日券の販売は前売り券が完売した時点で販売終了となります。
※全て1drink付です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連する記事は見当たりません。

comment