DESSART CLUB

ミクの「桜ノ雨」実写映画化、ニコ動200万回再生の社会現象を巻き起こすボカロ曲

映画 2015年3月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
小説版「桜ノ雨」

引用元:「桜ノ雨」PHP研究所 – 公式WEB

ボーカロイド曲「桜ノ雨」の実写映画化が決定、2015年に公開予定です。映画のキャストなどはまだ明かされておらず、詳細は順次公式WEBで発表されます。

驚くことに映画のもとになった「桜ノ雨」は、ニコニコ動画の歌い手「halyosy」さんが公開したオリジナル楽曲!

2008年にボーカロイドのオリジナル曲としてニコニコ動画で公開されました。高校生活を送る初音ミクの卒業というテーマのもとに制作されました。動画公開後、合唱曲として使用される他、多数の中学や高校の卒業式で歌われたことで話題を集めました。

ニコ動でボカロ曲として火が付いた「桜ノ雨」

卒業証書や式辞、教室、下駄箱……など学生生活を匂わせるキーワードが、懐かしい思い出を鮮明に情景描写させてくれます。

卒業をテーマにした応援ソングです。

「16歳の少女・初音ミクが現代を生きたとして、学校生活最後の日、彼女は何を思い、何を歌うのだろう。」

引用元:桜ノ雨 – halyosy公式WEB

映画化の経緯は

同曲の関連動画再生数は2,500万超を記録。ファン有志で合唱を披露する企画が始まったことを受けて、2009年、2010年には合わせて200を越える中高校の卒業式で合唱されました。中高生の間では社会現象化している話題の楽曲です。

2012年には、halyosy自身が原作・原案として参加した小説版「桜ノ雨」(PHP研究所)が発売されました。これも20万部を超えるなどの人気を背景に、今回の実写映画化につながりました。

映画「桜ノ雨」どんなストーリー?

小説版をもとに制作。登場人物は、女子高生の合唱部に所属する未来、鈴、蓮を中心とした学園生活が舞台となっています。学園の四季をつづる青春ストーリーです。

原案は作者のhalyosyさん自身が参加しています。

活動拠点インターネット中心、作者「halyosy」

halyosyさん 画像

引用元:About – halyosy公式WEB

インターネットを中心に活動するシンガー・ソングライター、halyosy(ハルヨシ)。楽曲の作者です。
「桜ノ雨」は、ニコニコ動画でボカロを使用したオリジナル曲です。halyosy さんによる楽曲は8作品が100万回、うち3作は200万回再生の人気の歌い手さんです。ボーカルには「初音ミク」を起用しています。

今回の映画化については「みんなで作り上げた桜ノ雨にはたくさんの歴史があり、未だに信じられない」とコメント。

なお、原案となった小説シリーズ桜ノ雨の最新作「Fire◎Flower 君を好きでいられて良かった」が、本日3月7日(土)に発売となっています。

インターネット発、ミクの名曲はストーリーをもって実写化へ

人生の節目でもある卒業式の合唱曲として思い出に刻んだ当時の高校生にとっても、嬉しいニュースになったのでは?

「桜ノ雨」の他にも、ミクの名曲「脳漿炸裂ガール」も小説がシリーズ累計30万部突破、これによって実写映画化企画が進行中です。楽曲は「れるりり」さん、小説は「吉田恵里香」によるもの。少々バイオレンスな歌詞に、ネット上ではストーリーを予測する論争が繰り広げられています。こちらは、ミクモチーフの「花ノ雨」と違って、楽曲が映画のモチーフになる予定です。

クリエイターの魂を揺さぶる、ミクによって創りだされる作品は、過去の作品から現在までその歳のカルチャーを感じることができます。ミクとクリエイターによって創られる未だ見ぬ世界観、今年も期待できそう。

映画「桜ノ雨」のキャストなどの詳細情報は公式WEBより発表されます。

情報公開が楽しみですね!

この記事につけられたタグ

halyosy ボーカロイド 初音ミク
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

comment