DESSART CLUB

怪物WEB漫画「ワンパンマン」アニメ化!2,700万PVヒット作の経緯をたどる

アニメ 2015年3月9日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンパンマン

引用元:となりのヤングジャンプ 公式WEB

週刊ヤングジャンプで連載中の人気漫画「ワンパンマン」(集英社)のアニメ化が決定しました。2009年公開のWEB漫画で脅威の閲覧数でインターネットで人気を博してから、2012年には同誌で連載開始、そして2015年にアニメ化へ。怪物作品といわれたヒット作の快進撃、経緯をたどります。

また、YouTube の公式チャンネルではアニメ公開に先駆けて、作品のPVが公開になっています。

アニメのキャストや放送情報は未定となっており、誌面と公式WEBより発表予定です。

国民的アニメに似てない?ワンパンマンを詳しく

ワンパンマン 原作TOP画像

引用元:原作ワンパンマン ONE公式WEB

2009年7月3日(金)より原作者ONE先生の個人WEB上で無料配信がスタート。

以来、閲覧数は、1日2万回、累計1000万人以上という、脅威のPV数からWEB漫画史上最強の怪物作品として知られています。リメイク版(作画・村田雄介)が「となりのヤングジャンプ」(集英社)で2012年6月14日(木)連載開始。

現在も原作者ONE先生のWEB上でも作品は更新継続中です。

人気国民的アニメ「アンパンマン」と「ワンパン(一発のパンチ)」を掛けた出落ち短編として、1話読切で書かれた作品なのだそう!第1話の好評からシリーズ化、以降完全オリジナル路線となりました。主人公の真ん丸頭と衣装、住居(廃工場≒パン工場)ぐらいしかパロディの原型は留めていないそうです。

どんなストーリー?

サイタマ

引用元:となりのヤングジャンプ公式WEB

ギャグ系アクション漫画です。

強くなりすぎて、あらゆる敵をワンパンチで粉砕してしまうハゲのヒーロー「サイタマ」が主人公の物語。敵よりも圧倒的な強さを誇っているというこれまでにない斬新な設定です。

ヒーローになる為、頭髪がすべて抜け落ちてしまうほどのトレーニングの末、最強とも言える力をついに手に入れるサイタマ。
必殺技はワンパンチ・連続普通のパンチなど。最強とはいえ、まさかの庶民派というキャラ設定。また、他のヒーローの体裁を守るために損な役回りを演じるなど、自己犠牲的な面にも好感がもてます。

どうやら作品の魅力は、個性豊かなキャラクターにありそうです。

原作「ONE」先生

1986年埼玉県生まれ、日本の漫画家です。

WEB漫画「ワンパンマン」を自身のWEB上で公開。現在は、となりのヤングジャンプ(集英社)で村田雄介を作画担当に迎えたリメイク版の「ワンパンマン」、および「魔界のオッサン」を、裏サンデーで「モブサイコ100」を連載中です。

ヤンジャン連載、作画リメイクに「村田雄介」先生

熊本県出身の日本の漫画家です。画力の高さに定評があり、代表作「アイシールド」では、全333話を一度も休載せずに安定した掲載を続けました。同作品は2005年にアニメ化されています。

「うっわ、なんだこれ」と衝撃を受け、TwitterでONEさんと直接コンタクト。有名作家とのタッグの経緯について、作画リメイクについて、村田先生から本人へ直談判!

そして2012年6月から、「となりのヤングジャンプ」での連載を開始。その年の12月には単行本1巻・2巻が同時発売される→今回のアニメ化という作品同様の疾走感あふれる成長劇。

超絶絵師でお馴染み村田先生のリメイクにより怪物作品はさらにパワーアップ、コミックスの累計発行部数は1~5巻までで230万部以上となりました。現在も最新刊は8巻含め作品は連載中です。

「となりのヤングジャンプ」概要

2012年6月14日(木)に開設された「週刊ヤングジャンプ」が運営する完全無料のWEB漫画サイトです。作品ジャンルや連載形態にとらわれないマンガを発信し続け、月間PV数は1,400万を誇る巨大WEB漫画ツール。

ファンによる二次創作MAD映像

ワンパンマンといえば、ファンからの原作が公開されたWEBコメント数は1000件以上、アフレコやイメージ動画など二次創作のMAD映像が話題になるなど、ファンによる創作が「気合入りすぎw」「完全にプロの犯行」と話題に。インターネット上で圧倒的に支持されてきたこと、ファンと一緒に大切に育てられてきた歴史を感じることができます。

よくわかるファンによるMAD映像

著名人もTwitterで反応

アンパンマンパロディ原型は行方不明、ワンパンチは子供たちにどう写る?

ゴキブリバスター

引用元:村田雄介 Twitter公式アカウント

2009年公開開始から6年でアニメ化が決定した怪物作品の快進撃に「早すぎw」とインターネットでは称賛の声が。

さらに、3月20日(金)発売の、ヤングガンガン7号にONE先生原作、村田先生作画のタッグでの「ゴキブリバスター」が掲載されることがわかりました。ワンパンマンが本作中に読んでいる作品として知られています。

もともとは原案のONE先生が、パソコン用の漫画原稿制作ソフトの練習のために執筆した作品。6年たってアニメ化されることで、これまで見る機会がなかった方にも認知される機会が増えそう。大人も楽しめる作品ですが、これまでにみてきた斬新なヒーローの姿は、アニメ化されることで子供たちにはどんな風に映るのでしょうね?最新情報は AnimeJapan2015 でも発表予定です。

公開が待たれます!

この記事につけられたタグ

WEB漫画 ワンパンマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

comment