DESSART CLUB

イルカ親子が空を飛ぶ!?【みぞか号】は今日もフル稼働で大活躍!

トラベル 2015年3月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
「みぞか号」画像

引用元:天草エアライン株式会社 AMAKUSA AIRLINES-Facebook公式サイト

九州・熊本県の南西部、天草市にある航空会社「天草エアライン」の飛行機「みぞか号」が可愛すぎるとネット上で話題になっています。

「みぞか号」は天草から福岡、熊本、大阪の3都市の間を1日10便、たった1機で往復する働き者の飛行機なんです!

そんなパワフルな頑張りと可愛いルックスのギャップに、心奪われる人が続出しています!

「みぞか号」を知る

天草空港に本社を構える「天草エアライン」は定期便を運航する中で「日本一小さな航空会社」でも知られており、飛行機は「みぞか号」の1機のみで運行しています。

2013年2月24日(日)に「みぞか号」が誕生してから、乗客の定員は39名にも関わらず搭乗者数100万人を達成しています。

「みぞか号」の「みぞか」って?

「みぞか号」は一般公募によってデザインされ、飛行機の胴体には親イルカ、両エンジンには男の子と女の子の子イルカで可愛いシルエットが施されました。

それぞれに愛称が付けられていて、親イルカの「みぞか」は天草弁で「かわいい」の意味が込められており、子イルカの男の子「かい」くん、女の子の「はる」ちゃんは、「空の旅が快適で心が晴れやかになるように=快晴」との想いからそれぞれ付けられました。

機内の最後列は5列で、右側最前列には乗客同士が向かい合う席が設けられているのも特徴です。

みぞか号は地上1300mという低空飛行という事もあり、最高の景色を見ながらフライトができるのも魅力の1つです。

1日全フライトに登場できる驚愕の企画が実施!?

2014年12月1日(月)から2015年3月13日(金)の期間中、1日10回のフライトをこなす「みぞか号」で全フライト(天草→福岡→天草→熊本→伊丹→熊本→天草→福岡→天草→福岡→天草)に搭乗する天草発着10回(レグ)コース(15,000円)と、8フライト(福岡→天草→熊本→伊丹→熊本→天草→福岡→天草→福岡)に搭乗する福岡発着8レグコース(10,000円)、「1日親子イルカ号パラダイス 2014」運賃が発売されています。

驚愕な企画にも関わらずクチコミで瞬く間に話題を集め、中でも福岡発着の8レグコースが人気を集めているそうです。

「みぞか号」に隠れ「くまモン」が!?

「みぞか号」隠れくまもん画像

引用元:天草エアライン株式会社 AMAKUSA AIRLINES-Facebook公式サイト

まとめ

そんな「みぞか号」ですが、2015年末を目処に退役する予定なんだそうです。今まで大活躍して愛されてきた「みぞか号」とのお別れは寂しいですよね。

天草から福岡まで車で行くと4時間以上の所、みぞか号なら35分で着く便利さです。

今年中に一度は空飛ぶイルカ親子とのフライト体験を楽しみたいものです!

この記事につけられたタグ

くまモン みぞか号
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連する記事は見当たりません。

comment