DESSART CLUB

【レレレのおじさん】明治大学で赤塚不二夫・生誕80周年の展示会なのだ

イベント 2015年6月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
akatsuka-fujio

引用元:米沢嘉博記念図書館|赤塚不二夫生誕80周年 赤塚キャラ誕生のひみつ 展

愛嬌いっぱいで、一目で覚えることができる赤塚不二夫のキャラクターたち。そのインパクトと存在感は、豊かなキャラクター文化をもつ日本の中でも、ひときわ重要です。2015年は、赤塚不二夫の生誕80年。本展示では、赤塚不二夫の生誕を祝うとともに、赤塚キャラクターたちの生誕を祝い、チビ太、アッコちゃん、イヤミ、バカボンのパパ、ニャロメ、ベラマッチャ、ウナギイヌ、そして赤塚不二夫自身などのスターキャラクター誕生のルーツを紹介します。

巨匠「赤塚不二夫」先生

akatsuka-fujio-photo

引用元:米沢嘉博記念図書館|赤塚不二夫生誕80周年 赤塚キャラ誕生のひみつ 展

  • 本名:赤塚藤雄
  • 1935年9月14日旧満州国に生まれる。
  • 2008年8月2日 肺炎にて逝去。72歳。
  • 1956年 単行本『嵐をこえて』で、デビュー。
  • 1962年「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」連載開始。一躍人気作家に。
  • 1967年「天才バカボン」、 「もーれつア太郎」連載開始。
  • 1971年「レッツラゴン」連載開始。
    作品が次々にテレビアニメ化し、それぞれのキャラクターが国民的人気となる。
    ギャグマンガの王様とも称される。
  • 1965年 「おそ松くん」により、第10回小学館漫画賞受賞。
  • 1997年 第26回日本漫画家協会文部大臣賞受賞。
  • 1998年 紫綬褒章受章 など受賞歴多数

「赤塚不二夫生誕80周年 赤塚キャラ誕生のひみつ展」概要

  • 主催:明治大学 米沢嘉博記念図書館
  • 企画協力:株式会社フジオ・プロダクション
  • 協賛:株式会社復刊ドットコム
  • 協力:川口 貴弘(takdesign inc.)、名和 広
  • 問い合わせ:米沢嘉博記念図書館
    〒101-8301 東京都千代田区猿楽町1-7-1
  • TEL:03-3296-4554

関連イベント

レレレとらららのキャラクター談義

  • 出演:赤塚りえ子、手塚るみ子
  • 聞き手:川口貴弘(takdesign inc.、学童舎主宰)
  • 日時:2015年6月20日(土)16:00~17:30
  • 場所:当館2階閲覧室 入場無料(ただし会員登録料として300円が必要)
  • 心に残るキャラクターを次々に生み出し世に残した赤塚不二夫と手塚治虫。両巨人の娘である赤塚りえ子さんと手塚るみ子さんに、父たちの作品にみるキャラクターについて話していただきます。

イガラシ記者の、マンガのキャラクターになるとは?

  • 出演:五十嵐隆夫(赤塚不二夫・元 担当編集者)
  • 聞き手:赤塚りえ子
  • 日時:2015年7月18日(土)16:00~17:30
  • 場所:当館2階閲覧室 入場無料(ただし会員登録料として300円が必要)
  • 「天才バカボン」を長年担当なさっていた編集者、五十嵐隆夫さんに、マンガのキャラになってしまうとはどんな気持ちなのか。また、作品誕生の現場にいらした立場から、「天才バカボン」のキャラクター誕生のエピソードを中心に、赤塚作品や先生ご自身の人となりについて話していただきます。

文章はダミーですので、ダミーで、ダミーなのだ

  • 出演:山田一郎(マボロシの超有名マンガ家)
  • 日時:2015年9月XX日(土)16:00~17:30
  • 場所:明治大学 駿河台キャンパス 入場無料
  • 文章はダミーです。9月の何日かに、赤塚不二夫の生誕を祝うイベントをする予定です。これはホントです。決まったら開催日時をHPとツイッターで報告するのだ。

この記事につけられたタグ

赤塚不二夫
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連する記事は見当たりません。

comment