DESSART CLUB

【本気出した】Twitterに投稿された東京五輪エンブレムがどれも秀逸

SNS 2015年8月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
tokyo-olympic

引用元:かんかん(@vivakankan)さん | Twitter

前回の記事 でも取り上げた、2020年東京五輪エンブレム問題。
波紋は過去の作品やクライアント、また東京五輪のスポンサー企業にまで拡がっているにも関わらず、渦中のデザイナー・デザイン事務所とIOCは、一貫して釈明しないことから、さらに話題が大きくなっています。

きっかけは「ぼくのかんがえた東京五輪エンブレム」

その後、フリーランスのデザイナー「 梅野隆児 」さんが、1時間(1時間と25年間)で制作した「ぼくのかんがえた東京五輪エンブレム」が「現行案よりイイ!」と絶賛されました。

参考WEB:【東京五輪】デザイナーが1時間で作ったエンブレムがかっこいい | DESSART CLUB

これに触発されたデザイナーが、「オレのエンブレム」をアップ

梅野隆児 さんに続いて、2015年08月17日(月)にアップされたのは、スペイン在住の日本人デザイナー「 かんかん 」さんが手がけた東京五輪エンブレム。

SNSを中心に大きく話題に上がりました。

その後も、続々とデザイナーたちのエンブレムがアップされる事態に

前述の2人に負けじと、全国のデザイナーたちがエンブレム案を続々とアップ。
いずれも秀逸なデザインで、決定済みのエンブレムよりも東京五輪に相応しい出来です。

(デザイナーじゃない方も本気出してます)

番外編

個人的にこれ好き。
漫画「AKIRA」の世界が、2020年東京五輪の開催直前であることが元ネタだと思われます。

この記事につけられたタグ

AKIRA グラフィックデザイン 東京五輪
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

comment