DESSART CLUB

【寺田克也】中野ブロードウェイでモノクロ作品の個展とライブドローイングを開催

イラスト 2015年8月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
terada-katsuya-1

引用元:terra’s Black Marker 2 | Hidari Zingaro

2015年08月29日(土)から、日本を代表するイラストレーター「寺田克也」氏の個展「 terra’s Black Marker 2 」が開催されます。

漫画家・イラストレーター「寺田克也」

rakuda

引用元:ラクダが笑う (Wani pix (004))

寺田克也氏は岡山県生まれの漫画家。バンドデシネの大御所・メビウス、エンキ・ビラルの作品や大友克洋氏の漫画に影響を受け、国内はもちろん海外でも高く評価されています。

漫画「ラクダが笑う」や、ゲーム「バーチャファイター」シリーズのキャラクターデザインをはじめ、「ラクガキング」を自称するほど膨大な数の作品を手がけています。

個展「terra’s Black Marker 2」

terada-katsuya-2

引用元:terra’s Black Marker 2 | Hidari Zingaro

寺田克也氏の個展は、GEISAI∞infinity 2015年下半期第二弾として、東京・中野ブロードウェイにあるギャラリー「Hidari Zingaro」にて、08月29日(土)から09月15日(火)まで開催されます。アメリカ・Compound Galleryで行われた個展で展示されたモノクロ写真を中心に展開され、新作20点が含まれます。

また、09月05日(土)・06日(日)には寺田氏によるライブドローイングも開催される予定です。

terada-katsuya-3 terada-katsuya-4 terada-katsuya-5 terada-katsuya-6

引用元:terra’s Black Marker 2 | Hidari Zingaro

寺田克也(Katsuya Terada)

terada-katsuya

プロフィール

マンガ家・イラストレーター。1963年岡山県生まれ。
マンガ、小説挿絵、ゲーム、アニメのキャラクターデザインなど幅広い分野で活動中。
幼少期より豊潤な日本のマンガで育ち、思春期にメビウスの作品に出会い、大友克洋のマンガの洗礼を受け欧米コミックスとアジアにおける線や陰影の表現をあわせもったオリジナルな作風は日本のみならず海外のファンも多く持つ。
主な仕事にマンガ「西遊奇伝大猿王」「ラクダが笑う」。ゲーム「バーチャファイター」シリーズ、「BUSIN」。映画、テレビ「ヤッターマン」「仮面ライダーW」キャラクターデザインなど。
2013年に京都国際マンガミュージアムにてある意味その時点での総括ともなる展覧会「寺田克也 ココ10年」を開催。
この数年はアメリカ西海岸での個展の活動も併せて行っている。
最新の作品集にアメリカで発売された「DRAGON GIRL & MONKEY KING 」(Dark Horse Comics)(日本語版は小学館集英社プロダクション)、『エロメカ」(河出書房新社)などがある。

引用元:terra’s Black Marker 2 | Hidari Zingaro

寺田克也 個展「terra’s Black Marker 2」

  • 東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ 3F
  • 会期:2015年08月29日(土)〜09月15日(火)
  • ※水曜定休
    ※オープニングレセプション 8月29日(土)18:00~20:00予定
    ※Zingaro Spaceにてライブ・ドローイング 09月05日(土)、09月06日(日)予定

  • 時間:12:00〜19:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連する記事は見当たりません。

comment