DESSART CLUB

マリオとルイージが風神雷神に扮する400年の伝統ある日本画・琳派の屏風絵

イラスト 2015年8月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
mario-byoubu

引用元:スーパーマリオブラザーズ30周年 | INFORMATION | 琳派400年×スーパーマリオブラザーズ30周年

2015年08月24日(月)、「スーパーマリオブラザーズ」のマリオとルイージが風神・雷神に扮した「マリオ&ルイージ図びょうぶ」の制作が発表されました。

「風神・雷神 × マリオ・ルイージ」

mario-byoubu-1

引用元:山本太郎 公式WEBサイト|ニッポン画大全|展示会のお知ら

任天堂は、俵屋宗達作の「風神雷神図」をモチーフに任天堂の代表作「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクター・マリオとルイージを屏風絵に見立てました。

今回のコラボレーションは、日本画の芸術様式の一派「琳派(りんぱ)」の400年と、「スーパーマリオブラザーズ」シリーズの30周年を記念した取組の一環として行われました。
日本画・琳派の継承者である山本太郎氏が、琳派の技法を駆使して製作されました。

この屏風絵は、2015年10月23日(金)から京都市の 美術館「えき」KYOTO にて開催される、「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」展で公開される予定です。

琳派400年×スーパーマリオブラザーズ30周年

「琳派400年」と「スーパーマリオ30周年」を記念して、「風神雷神図」(俵屋宗達作)をモチーフに、「スーパーマリオ」のキャラクターをアレンジした「マリオ&ルイージ図屏風」を制作いたしました。マリオとルイージが風神雷神として描かれたこの屏風は、現代の琳派継承者の一人である山本太郎氏が、琳派の技法で丹念に制作したもので、10月23日(金)より、京都市の美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F)で開催される「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」展にて一般公開されます。

琳派とは

江戸初期、本阿弥光悦と俵屋宗達によって創始され、時代を越え「私淑」という独自の形によって継承されてきた芸術様式。雅びにして斬新、そして大胆でいて華やかなその意匠は、日本の美の象徴として、現在にいたるまで国内はもとより海外においても愛され続け、高く評価される。有力な町衆たちの文化の中で発展を遂げた琳派芸術は、人々の生活の彩である陶磁、漆工、金工、染色などの分野においても、その高い意匠性を発揮し、多くの名品を生みだした。尾形光琳・乾山兄弟、酒井抱一・鈴木其一などの江戸琳派、近代における神坂雪佳など、気品と親しみやすさ、そして個性あふれる様式はヨーロッパの印象派や現代の日本画、デザインにも大きな影響を与えている。

山本太郎氏 略歴

山本太郎氏 1974年熊本生まれ。2000年京都造形芸術大学卒業。大学在学中の1999年より、伝統と現代、異質な文化が同居する「ニッポン画」を提唱し、日本の古典絵画と現代の風俗が融合した絵画を描き始める。近年は能楽の影響もあり、古典文学の物語性が題材に加わる。秋田公立美術大学准教授。

2015年京都市芸術新人賞、京都府文化賞奨励賞受賞。

琳派400年記念「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」

  • 会場:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F)
  • 主催:京都新聞
  • お問い合わせ:美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F) TEL:075-352-1111(大代表)
  • 休館日:会期中無休
  • 一般:900円(700円)高・大学生700円(500円) 小・中学生500円(300円)
    ※ ( )内はエムアイカード、JR西日本グループ会社カード(一部除く)をお持ちの方、前売および10名さま以上の団体料金。

この記事につけられたタグ

スーパーマリオブラザーズ 任天堂 琳派
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

comment